合コンで次に繋げる、カンタンで効果的なテクニックは「プレ予約!」

コラム・豆知識

だいたいの男性であれば、必ず経験する場の一つが、合コンです。最近では死語みたいになっており、食事会や交流会なんて言い方をしますが、要するに合コンですね。

そして、気になるのが「どうすれば次に繋がるのか」という一点に尽きると思います。

本記事では、すごく初歩的かつ、カンタンにできて効果的なテクニック「プレ予約」を紹介したいと思います。

合コンで次に繋げるための方法

次に繋がらず失敗しがちな人の特徴

合コンに行っても、ぜんぜん成果の出ない人は、おそらくはこんな感じの人が多いと思います。

・当日は全体で盛り上がった
・連絡先は交換した
・いざ気になった子にLINE(メール)でアプローチをかける
・うまく誘えず、もしくは返信こず、そこで終わる
・凹む

こういう時、「プレ予約」のテクニックを知っておくと、無駄に疲れずに立ち回ることができます。

そして「プレ予約」は、べつに難しい話ではなく、ただ単に、会っている時にカンタンな約束をしておく、というだけのことです。

プレ予約=対面時に軽い約束をしておく

合コンでは、全体でのトーク進行があったりで、なかなか個別にじっくり話せないことが多いですが、しかし、じつはよーく見ると、個別に話す機会が皆無かといえば、そうではありません。

ちょっとではあるものの、個別に話せる機会は、必ずあります。

・席替えした直後
・全体トークがダレてきた時
・会計で席を離れる時
・店を出てトイレの出入りがある時
・店を変える移動の時
・帰り道
など

この短い時間に勝負できるかどうかが、次に繋がるかどうかの確率をグッと高めます。

こっそりとアプローチをしておく

みんなで話している折、相手が興味ある場所だったり、自分が気になったことがあれば、そのことを覚えておいて、個別の機会があったら、すかさず話しかけます。

「●●、じつは自分も行きたいんですよー」
「●●、自分も気になってます」

言い方はどんな感じでもいいです。

この時、相手がNGであれば、全然乗り気の返事はしないので、スルーして諦める判断ができます。ただ、ちょっとでも反応してくれたり、良い感じの姿勢が見られたら、

「今度、ぜひ行きましょう! 誘わせてください」
「連絡先、あとで幹事の人に聞くので連絡させてください」(そのまま交換できそうならして良い。場を乱さない判断をする)

という感じで、「誘いの予約」を先に入れておくのです。

これをやっておくかどうかで、次に繋げられるかどうかの確率は、ぜんぜん変わってきます。

もし、少しでもあなたに興味を持っていて、「もう少し話してみようかな」と少しでも思っていれば、ほぼほぼOKがもらえます。

女性は誘われるとやっぱり嬉しい!

これは女友達に聞いても、多くの人がYES、といいます。

もちろんタイプじゃない人に迫られると迷惑ですが、しかし、カンタンな誘いであって、しつこくなければ、やはり嬉しいという声が多いです。

男は誘ってナンボというところ、確かにあるのです。

メールでいきなり誘うと女性は少しこわい

人によるとは思いますが、「合コンの場では全然そんな感じじゃないのに急にLINEやメールで執拗に誘ってくる」というのは、女性からすればカッコイイとは思わないそうです。(もちろんタイプの人であれば、それでも嬉しいですが。)

というわけで、どうせなら、事前に少しでも「自分と話したいという気持ちがある」というアピール(クッション)を一つ入れておいて欲しいそうです。

女性の尊厳を大事にしよう

メールやLINEで「●●、行きませんか?」のように、ただふつうに誘うのではなく、ちょっと、女性の気持ちを上げる誘い方が大事です。

みんながいる場所で、こっそりと話しかけて、「今度、●●行きましょうよ。ぜひ予約させてください」というように、女性に喜んでもらえる誘い方を心がけましょう。