会社で手作りチョコをもらった男たちの本音を紹介!

コラム・豆知識

昔、職場で手作りチョコを作ってきて、男性職員にプレゼントした女性がいました。

表向きは「ありがとう^^」といって、食べていたのですが、その後、男性職員たちが裏でどんなことを言っていたのか、紹介したいと思います。

手作りチョコに対する男性の本音

賛成派

とくに気にせずに食べて、「おいしい! お腹空いてたからラッキー!」という男子が半分ほどでした。

ぼく個人もどちらかというと、こっち側です。さすがに初対面だとびっくりしますが、ある程度、見知った仲の人で、きちんと清潔にしている感じの方であれば、そんなに警戒しなくてもいいのかなと思うからです。

反対派

一部の男子は、女性陣が去ってから、悲鳴をあげていました 笑

意見をざっくり紹介すると、こんな感じです。

「彼女でもないのに勘弁してほしい」
「何が入っているか分からない」
「美人の手作りなら食べられるけど、それ以外は生理的にムリ」
「コンビニのチョコのほうがマシ」
etc

なかなか辛辣な意見が多いですね(汗

職場で手作りは控えたほうが良い

会社の手作りチョコについては「女性へのセクハラ問題に近いものがある」と思います。

というのも、たとえば、男性職員がちょっと声をかける時に肩を叩いたりして、これを「セクハラと思う女子」と「なんとも思わない女子」がいるように、手作りチョコをもらった時に、これを「ありがとうと思う男子」と「勘弁して欲しいと思う男子」がいるのです。

学生時代ならまだしも、社会人になれば、そこそこお金もありますので、手作りチョコを渡すよりは、普通に市販の無難なチョコを渡した方が、お互いにラクですしスマートです。

キャラが立っているならOK

もし手作りが定番で、毎年の恒例事項で喜んでいる人がいれば、もちろんやってもいいと思います。また女性職員が複数人で一緒に作りました!とかなら、一人で作った場合より、いくらか男性陣も安心です。

無難な案は「市販のチョコ」ですが、職場の人間関係が円満であれば、一般常識よりはその場の空気を大事にしたほうがいいです。(職場の仲が良いほうが、仕事も円満ですしね。)